エッセイ

わたしがRAPT信者をやめた理由。宗教の存在意義。

わたしは大学に入学してから、ある宗教に嵌った。 それが「RAPT」であった。 rapt-neo.com ある意味、カルト風な宗教団体であったと今では言い切れる。 洗脳を自分で解くことはかなり難しい。 だが、私は洗脳とは思 […]

ツインレイの嘘と本当。あの人は運命の人?見分け方は?霊性開花が必要?ツインレイの霊魂が惹かれ合う仕組みを徹底考察。

はじめに ツインレイとは 「ツインレイ」 この言葉を、スピリチュアル界隈で知らない人はいないだろう。 双子の魂と呼ばれ、近年になって浮上した概念だ。 ツインレイは元々一つの魂であったのだそう。その魂は地上に生まれ落ちると […]

女から嫌われる女

「女から嫌われる女」それを聞いていちばんに連想するのは”ぶりっ子”だ。ぶっり子は周りの女たちから嫌われる。あからさまなボディータッチ、猫なで声、周囲の女を下げて自分を上げる言動の数々――。彼女たちは明確な意図を持って意識的に態度を変えている。女から嫌われる女、それは“ぶりっ子”に限る話ではない。傍目はぶりっ子ぶりっ子してはいないのだが、周りの女たちを妙にイラつかせてしまう女もいる。周囲の女たちに“なんとなく”嫌悪感を抱かせてしまうのは何故なのか。

悪とは何か。

悪とはなんでしょうか。人それぞれ、何を悪とするかは違います。それは感じ方の違いでもあります。なかには「誰かの善は、誰かにとっての悪になる」という考え方もあります。得をする人がいる一方で、どこかで損をしている人がいる…それと同じような考え方でしょうか。たとえば、「善」を尽くした人がいます。でも、その人の考えている「善」は他の人が考えている善とは程遠いものでした。加えて、みんなが煙たがって嫌で嫌で仕方がないものでした。───

リベラル思想と善悪二元論。リベラルで平和にはならない。

前回の続きです。 LGBTは自己愛性パーソナリティー障害?同性愛とLGBT活動と政治。 前回は、ホモ(ゲイ)の人格やLGBT活動の裏側、そして政治家のホモ人脈と真言宗との繋がりなどについて書きましたが、今回はLGBTを簡 […]

LGBTは自己愛性パーソナリティー障害??だから政治家はホモ人脈でのしあがる。

LGBTは非常に賛否両論ありすぎるテーマではあります。自分がLGBTなんじゃないかと感じている人もいると思いますが、それは過度な宣伝の影響もあるのではないでしょうか。 今回は、同性愛と人格障害の関係性、またLGBT活動が […]

自己愛性パーソナリティー障害の、毒親。

あなたの親が毒親だったら、自己愛性パーソナリティー障害という人格障害の一種かもしれません。 この記事では母親に絞って書きました。 病気だと理解できたら、毒親をもつ毒親そだちはきっと少しは気持ちが楽になるはずです。 はじめ […]

Scroll to Top