【相次ぐ俳優の自死】三浦春馬は他殺だった!?安倍晋三のODA私物化を告発し暗殺された説。ブラッディ・マンディ/コンフィデンスマン共演者の自死の謎。【竹内結子も】

この記事を書いている途中、突如、竹内結子さんの自死の速報が入りました。驚くべきことに、その竹内結子さんも三浦春馬さんと「コンフィデンスマン」で共演していました。三浦春馬さん(以下敬略)の他殺説──亡くなってから2ヶ月がたった今でも他殺の疑いは消えることなく、ネットでは様々な憶測が飛び交っています。

河童はユダヤ人の象徴!?河童に関する意外な真相とは。

河童といえば、日本に古くから伝わる妖怪のひとつですが、その河童はもしかすればユダヤ人の象徴であったかもしれません。体は緑色で、頭に皿が乗っていて、キュウリ(胡瓜)が好きで、相撲が好きで、魚を主食としていて、岩手県の遠野の名物でもある…。このイメージは、ただ適当に作られたイメージなんかではありませんでした。それだけでなく、河童は古くからの妖怪ということもあり、日本の隠された古代王朝とも関連があったのです!

星野源の「在日疑惑」と「幸福の科学信者かも疑惑」を検証!結果、疑惑は濃厚です。

それはさておき、本題です。今回は、星野源の在日疑惑を検証しました。そのついでに、幸福の科学信者疑惑も検証しました。というのも、最近リリースした「Ain’t Nobody Know」を見て、さらに私の中で韓国人疑惑が加速したからでした。youtubeで急上昇にも入りました。

悪とは何か。

悪とはなんでしょうか。人それぞれ、何を悪とするかは違います。それは感じ方の違いでもあります。なかには「誰かの善は、誰かにとっての悪になる」という考え方もあります。得をする人がいる一方で、どこかで損をしている人がいる…それと同じような考え方でしょうか。たとえば、「善」を尽くした人がいます。でも、その人の考えている「善」は他の人が考えている善とは程遠いものでした。加えて、みんなが煙たがって嫌で嫌で仕方がないものでした。───

連日の「桜を見る会」問題の総まとめ。在任歴1位の安倍晋三もついに終わりか?

連日の「桜を見る会」問題。今回、記事にまとめたのは「桜を見る会」の何が問題なのかを徹底的に洗い出すのもひとつの目的ではありますが、現日本トップが絶対にしてはいけないはずの数々の問題行動および問題発言を国民が忘れないように記録する、という意味も含めてのことです。今回の騒ぎにおいて、安倍の最大の問題点は何なのでしょうか。

「徐福」伝説を徹底考察!徐福はユダヤ人で、秦氏だった?謎の人物像に迫る。

今から2200年前のこと。中国の「秦」に徐福という人物がいました。“徐福伝説”は、史実としてはっきりと認められているわけではありません。その証拠として、わたしたち日本人の歴史の教科書には載ってませんよね。しかし、“徐福の実在”は〈ほぼ〉認められているようです。

古代中国の王国「古蜀」とは?三星堆遺跡が示す古代人とのつながり。

みなさんは古蜀という国を知っているでしょうか?古蜀とは、三国志の蜀の地に夏王朝以前からあったとされる、古代の古蜀王国のことです。夏王朝よりも前に王朝があったとすれば、中国5000年の歴史、ですね。夏王朝は紀元前2000年頃の王朝ですが、古蜀は遺跡から鑑定するにそれよりも約1000年ほど前のものと考えられています。

宮沢賢治という人物を解説。クラムボンの正体とは?銀河鉄道の夜のなぞとは?国柱会に所属していた?

まず「クラムボン」が何なのか述べる前に。宮沢賢治の生前の暮らしはどんな風だったのでしょうか。また、何を考えて何を思っていたのでしょうか。「クラムボン」の正体を浮かび上がらせるためにも、その賢治の思想の根幹を知る必要があります。

わたしが「受け身」でいる人生から抜け出そうと思えたきっかけ。【無能からの脱却】

〔…〕趣味も充実して仕事もできるような有能な人間はごく僅かであり、実際は、仕事に就いても苦になるだけの人のほうが多いので、「仕事=辞めたい」となる。わたしは有能な人間ではないから、仕事が嫌になるひとの気持ちのほうがよく分かる。

倭人の正体とは?倭人と姫氏と東夷とユダヤ人のつながり。【古代シュメール国家の行方④】

まあ、ふつうに生活していて倭人に興味が湧く人なんていないと思いますが、倭人が実はユーラシア大陸を横断して、広く活動していた航海人だったとすれば、ちょっとは興味が湧いてくるのではないでしょうか?そんな倭人の歴史はとても壮大なものでした。

実存した!日本の古代王朝、東表国=秦王国。【古代シュメール王国の行方③】

今回は、古代日本王朝(および朝鮮半島)編です。とても濃い内容となっています。古代日本王朝をはじめ、日本神話の大国主による国譲り、邪馬台国の卑弥呼、昔から伝えられているおとぎ話の真相などについても触れています。もちろん、シュメールとも関連づけられています。

Scroll to Top